エントリー

本・雑誌

ページ移動

  • << 前のページ
  • 1
  • 次のページ >>

電子書籍のISBN

電子書籍の話の続き。 作家のファンサイトで昔(もう昔と言っていい年月が流れたよね…)作品データベース作ってた時、各書籍の個別番号としてISBN(図書コード)を使ってた。何故かというとAmazonの個別ページにリンクする時、Amazonさんは10桁の旧ISBNをそのまま自社のASINコードに流用していたから。IS...

はじめての電子書籍

3月発表の桑原水菜の新作(というか無量シリーズの続編)が、紙ではなく「電子書籍の雑誌連載」という事で…。 角川書店には電子書籍オンリーの雑誌があるんですね。 さすがにこれは挑戦するべきか…iPhoneでも読めるんだし。 ああ、最近この雑記サボってて書いてなかったっけな、昨年4月末にiPhoneに機種変して、現在...

一年遅れのグイン・サーガ最終巻

正月から雑記に書くような話題でもないなぁと思って、スルーしてた話を今更書いてみる。 2009年5月に亡くなられた栗本薫さんの著書『グイン・サーガ』は、書き溜められていたお陰で、作者没後も(あとがき等は当然ないけど)ほぼ完全な形で2冊が刊行されました。が、私は勝手に、あの2冊で終わりだと思ってた。 その2冊の...

月の恋人4話&原作本

月恋4話。 やっとラブストーリーを見てる気分になってきたw ていうか別に事前にラブラブ言わなくてもよかったのになぁ…。「若きワンマン起業家の心理描写」を前面に出して徹底的に追っていけばおのずと恋愛も入るだろうし、その起業家部分にリアリティがあれば、それだけでドラマになるのに…。いいかげん「木村拓哉主演の為に無理矢理ド...

MOMENT

その人の付き合いやすいパーツだけを選んで付き合うなんて、どだい無理な話だ。付き合いやすいパーツも付き合い難いパーツもすべてひっくるめてその人で、その人と付き合おうとするのなら、そのすべてと向き合うしかない。そうは思わないか? 本多孝好『MOMENT』 かーなーり久々にネットの人付き合いに揉まれまして…...

小説版『トーマの心臓』

小説版『トーマの心臓』なるものを書店で見かけてびっくり。 表紙が萩尾望都本人の絵って事は、原作者公認どころか原作に匹敵する小説と考えていいわけだな?…ほんとに? かなり警戒しつつ冒頭十数ページ読んだ上で、雰囲気はあるなーと思い購入。 で、じっくり読んでみたら… …なんかおかしいと思ったんだよ… いやー最初気付...

訃報

作家の栗本薫(中島梓)さんがお亡くなりになりました…。 闘病中なのは存じていましたが、残念です。 会社の昼休みにヤフーを見て知り、午後からは何となく仕事にならず。 ネットやあとがきで闘病報告があってからも、精力的にライブしたり病院で小説書いたりされていて。私自身、何となくあの人は不死身なんだと思っていたフシがあり...

ページ移動

  • << 前のページ
  • 次のページ >>
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

過去ログ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

▲ PAGE TOP