エントリー

タグ「漫画」の検索結果は以下のとおりです。

このページの記事

ページ移動

  • << 前のページ
  • 1
  • 次のページ >>

小説版『トーマの心臓』

小説版『トーマの心臓』なるものを書店で見かけてびっくり。
表紙が萩尾望都本人の絵って事は、原作者公認どころか原作に匹敵する小説と考えていいわけだな?…ほんとに?

かなり警戒しつつ冒頭十数ページ読んだ上で、雰囲気はあるなーと思い購入。
で、じっくり読んでみたら…

…なんかおかしいと思ったんだよ…
いやー最初気付かなかった。オスカー・トーマ・エーリク…これ全て教授が付けたニックネームなんだよ!で誤摩化してる(あり得ない)けど、戦前の日本に設定変更されてるっていう。で、そもそも十数ページ読んでもその事に気付かない(気付かせない)書き方なのがひっかかった。
「あれ?これ日本なの?」と思って思わず読み返しても、日本のどこなのか、そもそも時代設定がいつなのかすら分からない。途中、列車でエーリクを迎えに行ったり…という場所移動は原作通り存在するというのに。

なんで「ドイツのギムナジウム」じゃいかんかったのか。

内容も、原作で一番肝心な黒い部分(宗教絡み)が、ものの見事にぼかされてる。ユーリは何故あそこまで悩んだのか。何がそんなに問題だったのか。これじゃ意味ないじゃないか…!なんで原作者はOKしたんだろう。キャラクター紹介…?いやそもそも日本人ちゃうし。

かなりもやもやして、ネットで感想検索してみた。
ざっと見たけど…評判いい…?うーんうーん…
森博嗣って名前は活字でよく見かけるけど、有名な人なのね…。
あああーーーもやもやするーーー!(笑)

ページ移動

  • << 前のページ
  • 次のページ >>
  • 1

ユーティリティ

過去ログ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

▲ PAGE TOP