エントリー

はやぶさ帰還ネット中継

2010年6月13日のgoogleトップ

実はこれ書いてる今も続いてる、惑星探査機はやぶさ祭り。

googleも13日限定ではやぶさTOPに…さすが。

さっきTVのニュースではCG動画しかやらなかったけど、ネットで中継される「はやぶさ帰還」を多くの人が見守った…いやー感動した。TV局は地上波もBSもどこも中継してないんだもんなぁ…。JAXAのはやぶさサイトも重くて繋がらず、ustreamの管制室生中継を凝視.突入シーンのライブとかではなかったですが、はやぶさとの最後の交信を終えた拍手とか花束とか。

Twitterで急速に広まったようですが、このライブ感を味わえたのは素直に嬉しい。私もそんな事ちっとも知らず…ここ数日です知ったのは。後になって、ここに至るまでのこの計画のあれこれを読んでまた…。

大気圏再突入時に燃え尽きた瞬間の光(動画)00:02:50〜
NASAの映像(動画)これは凄い。

地上から見えたという流れ星(讀賣オンライン)

余談ですが、すこっちさん作の擬人化漫画…泣ける。
使命を終えたはやぶさが最後に燃え尽きる前に、地球を撮影させる事になった件。角度を遠隔操作してチャレンジ…!

その最後の写真は「うまく撮れなかったようだ…」という報告がネットでありまして。さっきの漫画を見てたので、うわぁ…でも仕方ないなーと。

しかしその後、地球との交信が途絶えた後に、実は1枚だけ撮れていた(出来過ぎだろこれ…もう泣けるってば)という訂正情報が…!はやぶさのラストショット「地球の写真」。写真の下部が欠けているのは、送信の最中で通信が途絶えたため(関係者)…だそうで…まさに最後の仕事。

そしてNASAが発表した写真…CGかと思った…素晴らしい。

あとは、落下したカプセルに惑星の砂が本当に入ってるといいんだけど…(ニュースで「入ってる可能性がある」と繰り返し言われるとちょっと不安に)。
そして第二のはやぶさを…という所まで持っていけるといい。

とにかく久しぶりの感動でした…ありがとう。


ページ移動

ユーティリティ

過去ログ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

▲ PAGE TOP